News

お知らせ

伊豆食の和だしが『静岡県ミニHACCP』に承認されました

無添加でこだわりの自然食品をお届けしてきた伊豆食文化公園(株)では
この度、伊豆産のしいたけなどを使用した醗酵顆粒だし「伊豆食の和だし』において
一般社団法人静岡県食品衛生協会HACCPの概念に基づいた衛生管理システム導入の推進に
取り組む静岡県ミニHACCP承認事業にて、2022年3月12日付で承認されました。

食品衛生法の一部が改正されて、食品関連事業者にHACCPに沿った衛生管理の実施が求められており、弊社では自社商品を中心に、受託製造においてもその基準を満たすべく、HACCPシステムを運用しております。

今後とも品質管理と改善に努め、よりよい製品づくりに邁進してまいります。

◆HACCPとは
HACCPとは「Hazard(危害)」「Analysis(分析)」「Critical(重要)」「Control(管理)」「Point(点)」という言葉の略語で、
食品の原料の受け入れから製造・出荷までのすべての工程において、危害の発生を防止するための重要ポイントを継続的に監視・記録する衛生管理システムです。主として最終製品の検査に依存する従来の衛生・品質管理と違って、製造における重要な工程を連続的に監視することによって、すべての製品の安全性を保証しようとする衛生管理方法のことをいいます。

◆静岡県ミニHACCP承認事業について
静岡県内の食品衛生協会会員にHACCPの概念の基づく衛生管理システムの導入を推進するため、一般社団法人静岡県食品衛生協会が、一定水準以上の管理が認められた施設をHACCP導入施設として、承認するための必要事項を定めて、衛生的な製造加工とともに、食品の安全性を確保することにより県民の信頼の向上を図ることを目的に展開されている事業のことです。